2010年01月17日

大学生の就職内定73%、2年連続前年下回る(読売新聞)

 厚生労働省と文部科学省は14日、今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)が73・1%で、前年同期を7・4ポイント下回ったと発表した。

 2年連続で前年同期を下回り、1996年の調査開始以来、下げ幅は最大。依然として就職状況が厳しいことが浮き彫りになった。

 内定率は男子73・0%(前年同期比7・4ポイント減)、女子73・2%(同7・3ポイント減)。地区別では、中部が69・7%(同15・4ポイント減)、中国・四国が67・4%(同9・6ポイント減)で、下げ幅が大きかった。

 厚労省が同日発表した昨年11月末現在の高校生の就職内定率は68・1%で、前年同期を9・9ポイント下回った。こちらも1988年の調査開始以来、下げ幅は最大となった。

蓮田修吾郎さん死去=鋳金家、文化勲章受章者(時事通信)
中学生3人、常磐道に自転車など投げ入れる 茨城・つくば(産経新聞)
バケットと柱に挟まれ男性死亡 所沢(産経新聞)
住宅など26棟焼ける=2人不明−大分(時事通信)
文科相の団体「名ばかり事務所」経費6672万(読売新聞)
posted by 8xjz4dteip at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。