2010年03月31日

救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検(産経新聞)

 東京都世田谷区の救急病院で平成17年、緊急搬送された女性=当時(26)=が子宮外妊娠による腹部内の出血で約9時間後に死亡する事故があり、警視庁捜査1課などは29日、適切な検査を怠り女性を死亡させたとして、業務上過失致死容疑で、当直勤務をしていた男性医師(50)を書類送検した。

 同課の調べでは、医師は17年4月14日午後10時25分ごろ、出血性ショックなどの症状があり同病院に搬送された町田市に住む女性に対し、腹部超音波やCTなど必要な検査を行わず、翌15日午前7時45分ごろ、右卵管破裂による腹膜腔多量出血で死亡させた疑いが持たれている。

 同課は、男性医師が適切な検査を行えば腹腔内の出血を確認し、緊急手術や他院への転院措置が可能だったとしている。

 同課によると、医師は触診やエックス線検査を行ったが経過観察にとどめ、多量出血を確認できなかった。同課の調べに対し、医師は「適正に検査、措置していれば救命できた可能性があった」と容疑を認めているという。

【関連記事】
人工呼吸器チューブ外れ死亡か 熊本医療センター
がん手術で肺動脈に傷、患者死亡 愛知の病院
高知の病院で患者死亡 「殺害」と110番
薬を誤投与、患者死なせた容疑 医師ら4人書類送検
病院は死ぬところ…崩壊した「医のモラル」 山本病院事件の真相

「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
<新千歳空港>国際線ターミナルが26日開業(毎日新聞)
79社の談合を認定 岩手の公共工事で公取委(産経新聞)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都(医療介護CBニュース)
posted by 8xjz4dteip at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)

 大阪府警東署は23日、大阪市中央卸売市場南港市場職員、吉岡徹容疑者(26)=同市浪速区大国3=を覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕した。同署によると「1年ぐらい前から常用していた」と容疑を認めているという。

 大阪市では職員の不祥事が相次いでおり、今年度の逮捕者は19人目。3月、庁内に「服務規律確保プロジェクトチーム」を設置したばかりだった。

 今回の逮捕容疑は、4〜14日、覚せい剤を使用したとしている。吉岡容疑者は14日夕、同市中央区の路上で職務質問を受け、尿から覚せい剤の成分が検出された。

 大阪市職員の不祥事を巡っては1月、環境局職員が猟銃を発砲して3人を殺害後に自殺した事件があった。覚せい剤の所持や使用では、今回が5人目の逮捕者。他に、窃盗や痴漢などでも逮捕者が相次いでいる。

 平松邦夫市長は「言語道断で、市民の皆様に誠に申し訳なく、重ねておわび申し上げます」とコメントした。【茶谷亮】

【関連ニュース】
覚せい剤:使用の元千葉県警警部補に有罪判決 東京地裁
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで
覚せい剤:元警部補が「密売人紹介」初公判で検察
覚せい剤:被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁

<京都精華大>業田良家さんが客員教授に(毎日新聞)
EPA初、外国人看護師候補者3人が国試合格(医療介護CBニュース)
「TOKYO1週間」6月で休刊…関西版も(読売新聞)
短パン窮屈…男子児童の下腹部触った教諭を懲戒免職(産経新聞)
嫡出子認定、判断先送り=性別変更者の人工授精−千葉法相(時事通信)
posted by 8xjz4dteip at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)

 【ニューヨーク=松尾理也】米ニューヨーク・タイムズ社は24日、同社の傘下にある国際紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に掲載されたシンガポールのリー・シェンロン首相らをめぐる記事に問題があったとして、同首相や、父親のリー・クアンユー同国元首相らに謝罪したことを明らかにした。ロイター通信によると、同社は16万シンガポールドル(約1千万円)を支払うという。

 問題になったのは、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙に定期的に寄稿している評論家フィリップ・ボウリング氏が執筆した2月15日付の記事。謝罪文によると、ボウリング氏は1994年、シンガポール政府との間で、シェンロン氏が首相の地位を得たのは父親のクアンユー氏の縁故によるものであると書いたり、ほのめかしたりしないとの合意を行っていた。にもかかわらず、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙記事は「シェンロン氏が実力で首相の地位を得たのではないと推測させるような内容を含んでいた」とした上で、「そうした推測は本意ではなく」、シェンロン氏やクアンユー氏に謝罪する、としている。

【関連記事】
「26日に米露首脳が電話会談」と米紙 新核軍縮条約で
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い
急加速の原因はブレーキとアクセル踏み間違え NYタイムズ紙で大学教授指摘
選挙の覚悟 シンガポール
中国のインド洋進出を警戒せよ

<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
仕分け、1年生議員を活用(時事通信)
<臓器移植>提供拒否は小児も有効 指針改正へ(毎日新聞)
子ども手当法 成立 6月から支給(毎日新聞)
振り込め詐欺「キング」に懲役20年判決(読売新聞)
posted by 8xjz4dteip at 19:35| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。